読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊活本レビュー日記

不妊症や産み分け、育児に関するエッセイの感想を書いています

.entry-content h3{ color: #ffffff; background: #000080; border-radius: 5px; padding: 20px 20px; }

ぐうたらこは不妊だった。【ベビ待ちってなんだよ!】の感想

吉田です。


調子がいいので、本日2本目のブログ更新ですw

こちらの不妊エッセイを読んだ感想を書いてみました。


著者:ぐうたらこ

ベビ待ちってなんだよ!

352P

株式会社宝島社



ぐうたらこさんはどのような人かと言うと、
1978年北国生まれで現在は南国在住とのことです。

ぐうたら主婦としてダラダラ過ごし、
アメブロで「不妊ってなんだよ!(怒)」を開設し、
不妊治療中の日記を面白おかしく書いていました。

月間130万PVもある人気ブログになり、
今は「妊娠ってなんだよ!(喜)」という別ブログを書いています。


ちなみに、もう更新はありませんが
「不妊ってなんだよ!(怒)」はこちらから読めます。
http://ameblo.jp/gootaraco/


それで、今回の本はブログの内容をまとめたものなので
日頃からぐうたらこさんのブログを読んでいた人は
特に購入しなくても良いかと思います。

■ぐうたらこは不妊だった。


ぐうたらこさんは口が悪く、本人も認めているように
下品な人なので、読む人を選ぶ本です。

まるで中村うさぎと西原理恵子を足して割ったような、
攻撃的な性格で独特なイラストを書きますw

私は平気でしたが、下ネタとか苦手な人は
読むのが辛いでしょうね。


でも、話が面白いので電車の中で読むのはお勧めしません(^^)



■登場人物


・ぐうたらこ

食い意地が張っていて、我慢が苦手。
酒好きでぐうたらな性格。
好物はフルーチェにコンデンスミルク。

特技は現実逃避w

見た目は橋本真也のボディに、もたいまさこ似の顔

引用:
eiga.com


・旦那

口が悪いサラリーマン。

好物はグラノーラにミートソースで
特技は嫁への侮辱。


・お豆ちゃん

ぐうたらこの友人で
子供が出来るように神社に行って願い事をするなど
優しい性格の女性


・おキャットさん

ぐうたらこの飼猫。
好物はナチュラルバランスで、
よく食べてよく眠りよくゲロを吐く^^;
f:id:lkuze:20160605003102j:plain


・他のペット

亀やカエル、金魚など


・最強医師軍団

トッポジージョ似のドクターや、スタートレックの
ピカード船長似のドクター



■もくじ

第1章 不妊ってなんだよ(怒)
子作り☆はじめました!

第2章 妊活ってなんだよ(?)
できたできた詐欺

第3章 LUFってなんだよ(疲)
キャットなる刺客

第4章 オヤジってなんだよ(呆)
黒ひげ☆危機一髪

第5章 AIHってなんだよ(跳)
できたっぽちゃん

第6章 妊娠ってなんだよ(喜)
母体パワー☆炸裂

第7章 神様・・・なんだよ(驚)
流産なんて怖くない!

第8章 不育症ってなんだよ(疑)
エンジェル☆ドライブ

第9章 みんななんだよ(感謝)
サクラサク

おわりに


最初の方に、ぐうたらこさんお勧めの
妊活についてどのようなアプローチが効果的なのか
イラスト付きで紹介してあります。


・自分を知る!
1.基礎体温を測る

2.夫婦で検査

3.子作りする


・生活を改善する!
1.食生活

2.規則正しい生活

3.タバコや酒、甘いものなど食べ過ぎない


・体を準備!
1.適度な運動
ウォーキング、ヨガ、ストレッチなど

2.鉄分や葉酸など栄養補給、サプリも可

3.体質改善
冷え性にならないように。中肉中背を目指す


・医者に相談!
1.病院

2.漢方や鍼灸など東洋医学

3.自治体の不妊相談窓口


・気持ちを安定させる!
1.夫婦で話し合い

2.ストレス解消

3.生理が来る度に落ち込まない


・神頼みする!
1.子宝温泉

2.奇妙な祭り

3.お守りとジンクスに頼る


感心したのが、育毛剤が不妊に影響あるということでした。

男性にとって、髪の毛が少ないのはプライドが傷つけられて
育毛剤で髪の毛を増やそうとします。
しかし、女性ホルモンが増えるせいか
性欲が減退し、妊娠しづらくなるんですね。

妊活中の旦那さんには育毛剤の使用は控えてもらった方が
よさげですね。


それから、不妊の専門用語集があるのですが、
ぐうたらこさんのネーミングセンスが秀逸なんですよね^^

例えば、産婦人科にある内診台のことを
”オマタおっぴろげ機”とか

生理中に出る血のことを”シャア”とか、
黒っぽい経血のことを”アッガイ”とかw
(ガンダムネタです。知らない人にはまったくわかりませんが)

他にも、排卵期に出るおりもののことを”牛のよだれ”、
”CMF”「子供!まだ?ファック!」の略称。
不妊女性がよく聞かれる、「子供はまだか」の意味など。

相手に悪気がなくても、「出たよ、CMF」と言ってやるのもいいかもしれません。


本編では、病院に通ったり
飼い猫に餌をやって噛まれたり、日常生活が綴られています。

それで、妊娠菌が欲しくて、親友のお豆ちゃんに
跨って上に乗ってもらいますが、もちろん
科学的な効果はありません。

ただ、何回も生理が来て妊娠してないのがわかると
へこむので、おまじないみたいな事にも頼りたくなるのでしょう。

■ぐうたらこが流産してしまう


あと、病院で澤穂希似の女医としばしば衝突します。

f:id:lkuze:20160605003937j:plain


ぐうたらこさんが流産してしまったので、
不育症の検査をしたいと言うと、澤先生は
だるそうな顔で

「不育症ーーー?本当に調べるんですかあ??」

と、頭を抱えています。

「今検査したら、保険が効かないので高いし
 そのお金で美味しいものでも食べに行ったほうがいいですよ」

などと取り付く島もありません。


あまりにも拉致があかないので、ぐうたらこさんが
激怒していました(^o^;


最後に、漢方を処方してもらいますが
体格のいい女性(デブ)用のものと後で知り、復讐を誓いますw


そして、住んでいる街の病院全てに行き尽くしてしまうという
不妊ジプシーになります。


結局、隣の市にある病院で検査をしてもらうことになり、
合計で12軒も病院を移動することになります。

医師に頼らず、自分を守れるのは自分だけということを
身を持って体感したようです。


妊娠するまで治療期間は3年、AIH4回かかりました。


36歳で出産し、現在は先程も述べたように
育児ブログをやっています。


「ベビ待ちってなんだよ!」の感想はこれで終わりです。

長い不妊治療で落ち込んでいる人や、
流産してしまった人、これから子供を作ろうとしている人は
面白おかしく読めるので、文章に抵抗がなければ読んでみてください。


あと、12軒目で病名が分かり、検査して子供が出来たから良かったものの、
医師とうまく協力出来ずに諦めてしまう人も多いですよね。


わざわざ病院へ通って辛い治療と高額な費用を払うくらいだったら、
自分だけで出来る改善法を試した見たほうが良いのではないでしょうか。


具体的な方法は、今後ブログで紹介してきますので
参考にしてみてください。


以上、吉田でした^^


「ベビ待ち」ってなんだよ!

「ベビ待ち」ってなんだよ!