読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊活本レビュー日記

不妊症や産み分け、育児に関するエッセイの感想を書いています

.entry-content h3{ color: #ffffff; background: #000080; border-radius: 5px; padding: 20px 20px; }

吉田戦車 まんが親一巻の感想【ネタバレ注意】

吉田です。


気がついたら、今年もあと3ヶ月で終わりですね^^

ほんと、時間が経つのはあっという間で
仕事に育児に大忙しです(^o^;


9月は1本しか記事がかけなくて、
反省しています・・・


なぜ記事更新が減ったのかというと、
育児や出産エッセイだけじゃなくて
ブロガーの本を読んだり、You Tubeに手を出しているからです。


あまりにもやることが多すぎるので、
一日24時間だけじゃ足りないなあ、と思いますね。

せめて50時間はほしいところですw




それで、今日読んだマンガはこちらです。

・吉田戦車 まんが親

株式会社小学館

130P


・目次

第1話 桃と妊婦

第2話 陣痛とつけ麺

第3話 産院とクロ

第4話 安産と虫

第5話 家事と視線

第6話 フロと女

第7話 抱っこ泣きと小6

第8話 垢と涙

コラム【伊藤の言い分】

第9話 引っ越しとダークパワー

第10話 いい虫と蚊

第11話 別れと電撃

第12話 授乳室と画力

第13話 紫外線対策と頭突き

第14話 母親似と鎧

第15話 写メと疲労

第16話 おしゃぶりとひも

第17話 外食と体温

第18話 パパと無視

第19話 離乳食とだっこ疑惑

第20話 火傷と1歳

第21話 帰省と毒

第22話 おつくべと犬

第23話 禁テレビと絵本

第24話 イクメンと通販

第25話 売買と手作り道路

第26話 キスと震災

第27話 おしると白癬菌

第28話 トイレ本と節電

第29話 瓦礫と電話

第30話 歩行とセルリ

第31話 歯磨きとボランティア

第32話 スズメと酒肴

第33話 自転車と従妹

第34話 扇風機と浣腸

第35話 熱湯とへそ

第36話 ネズミと毛

あとがき




■登場人物

・吉田戦車
まんが親の著者。

本名は不明で、1963年8月11日生まれ。


岩手県奥州市出身で、第37回文藝春秋漫画賞を受賞しています。

代表作として有名な「伝染(うつ)るんです」を
1989年に連載開始し、1994年に終了しました。

私が高校生くらいの時に、読んでみて
不気味なかわうそが出てきたのをなんとなく覚えてますw


f:id:lkuze:20161003034922j:plain

2015年には手塚治虫文化賞を受賞しています。


不条理ギャグというジャンルを得意としていて、
独特のキャラとストーリーが持ち味の漫画家です。


コミックは1巻とか2巻ばかりで、
短編集のものばかりですね。


あまり大ヒットしたような漫画はないのですが、
30年以上も漫画家をやっているのだから、
根強いファンがいるのでしょうね。



・伊藤理佐

吉田戦車の妻で漫画家。



・娘

名前は不明。


・黒猫

作中で他界。享年18歳



・まんが親1巻の内容

吉田戦車さんが45歳、伊藤理佐さんが39歳の時に妊娠しています。


二人共アラフォーで、このままだと子供が出来ないと焦り、
高齢出産ながらも無事に女の子が誕生しました^^


8ヶ月くらいなかなか妊娠しなかったので、
落ち込んだりもしたそうですね。




伊藤理佐さんが「テレビは毒だから大きくなるまで見せない」
と言っていたのは同感で、最近のテレビ番組は低俗ですからね^^;

ひな壇に芸人が大騒ぎしてるだけだったり、
やらせとか捏造番組ばかりで視聴率もだだ下がりです。


若い子はテレビよりもYou Tubeやツイッターとか
ネットを見ている時間のほうが長いらしく、
今後もテレビ業界はどんどん厳しくなっていくんだろーなーと
予測します。



話がずれましたが、親が娘にキスするようにしていて、
虫歯菌が移るからやめたほうが良いと思いました。



あと、娘が蚊に刺されて困っていたのですが、
ラケット型蚊取り器を振り回してるのを見て
欲しくなりましたw


蚊取り線香を使えば一発なんですけど、
ラケットを振り回せば運動不足の解消にも
ストレス解消にもなりそうで、楽しそうでしたよ。


■吉田戦車は離婚した!?

吉田戦車さんは一度離婚して、
伊藤理佐さんも離婚しているので、
バツイチ同士で再婚しています。


今時、3割の夫婦が離婚する時代ですから
別に珍しくはありませんよね。


しかも、二人共漫画家なので
お互いに仕事の内容を把握しているので
意見が合うのでしょう。


それと意外だったのが、
家で他の漫画家を読んでパーティーをしていたことです。

安野モヨコとか、名前忘れたけど
有名な漫画家達とカラオケをしたりもしていて
てっきり同業者は敵扱いしてると思ってましたw


浮き沈みの激しい業界ですから、
仲間意識が強いのかもしれませんね。




とまあ、こんな感じの内容で
日々の食事とか、出産シーンとか面白おかしく書かれています。


高齢出産する人だったり、子供を作ろうと考えている人は
読んでみると良いと思いますよ^^




以上、吉田でした。


まんが親 1―実録!漫画家夫婦の子育て愉快絵図 (ビッグコミックススペシャル)

まんが親 1―実録!漫画家夫婦の子育て愉快絵図 (ビッグコミックススペシャル)