読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊活本レビュー日記

不妊症や産み分け、育児に関するエッセイの感想を書いています

.entry-content h3{ color: #ffffff; background: #000080; border-radius: 5px; padding: 20px 20px; }

のんちゃんの手のひら【金子節子】のあらすじを読んでドン引きしました

吉田です^^



食欲の秋ということで、
今年初めて柿を買ってきて食べてみました。

f:id:lkuze:20161016221836j:plain

私は渋柿が好きなので、
中身がグジュグジュしてなくて一安心です^^;



秋晴れでいい天候が続いているので、
果物狩りとか行きたい気分ですね。



さて、今日読んだのはこちらの漫画です。



障害者をテーマにした珍しい作品で、
ダウン症というデリケートな問題を取り扱っています。


詳しい感想は後程述べますが、
漫画を読んで久し振りにドン引きましたね(^_^;)



●のんちゃんの手のひら


184P


株式会社双葉社

●金子節子のプロフィール


ウィキペディアによると、金子節子さんは、1950年8月6日生まれの漫画家で、
栃木出身です。


既婚者で、現在も餃子の街として有名な宇都宮に住んでいるそうですね。


1972年に「りぼん」でデビューしていて、
今も現役で活躍していることから、かなり
ベテランの漫画家です^^




●登場人物


安達 有希
司会の夫と結婚6年目。

玉の輿と羨ましがられるも、
なかなか子供が出来ず肩身の狭い思いをする。



安達 和也
安達家長男で、有希の夫。

歯科医で、次期院長候補。



安達 乃梨子

有希の娘で、ダウン症



有希の母

看護師で、現在は訪問看護をしている。
有希の良き理解者。



和也の母

なかなか孫ができずに、焦燥感に駆られる。

やっとの思いで子供が出来たものの、
ダウン症と知り苦悩する。


■のんちゃんの手のひら あらすじ


有希は不妊治療3年目にしてなかなか子供が出来ずに
落ち込んでいました。


しかし、医師の指導の元
子作りする日をアドバイスされ、
なんとか妊娠することに成功します。


妊娠して喜ぶ有希と、転ばないよう心配する和也。

二人は幸せの絶頂にいましたが、なんと
担当の医師から染色体異常の可能性があることを告げられます。


そう、ダウン症の事です。



ダウン症とは、心臓の形態異常や食道の閉鎖症、
十二指腸閉鎖症など以上が見られることです。
他にも、知能の発達の遅れなどがあります。


外見の特徴として、目がつり上がっていて
健常者とは明らかに違いが見受けられます。



有希の場合、ダウン症の確率は4%と診断されますが、
夫婦で話し合った結果、羊水検査は受けないことにしました。


インターネットでダウン症の親を持つ人のホームページを見て、
幸せそうにしていると意見を聞き、このまま産む決断をします。



姑(和也の母)からは、跡取り息子だからもしも
ダウン症だったらどうするの!?と出産を反対されます。


しかし、有希はわがままぶりを発揮し、
姑の意見を全く聞こうともしません。



その結果、ダウン症の女の子(乃梨子)が産まれました・・・



元々楽天的な性格なのか、
有希は全く落ち込んでいません。


それどころか、無事に?産まれてきた子供を見て
大喜びします。


和也も、ある程度予想していたせいか
あまりショックを受けたようには見られませんでしたね。



最初は態度を硬化させていた姑も、
次第に軟化して、有希たちと会うようになります。



その後、乃梨子は39.6℃の高熱を出して
有希はパニックに!!



オロオロして一巻は終わります。



■のんちゃんの手のひらの感想

他のレビューブログでものんちゃんの手のひらについて
取り上げられていましたが、批判されるのが怖いのか

「ダウン症に興味がある人は読んでみて下さい」とか

「不妊治療について知りたい人はこちら」など

当たり障りのない感想しか書いて無くて、あまり参考になりませんでした。



なので、私が本音で感想を書きますw




まず、主人公の有希については
自己中心的な性格で、唖然としましたね(苦笑



ダウン症は、内臓にも問題があるし
病気になりやすいし、見た目がアレなので
いじめられやすいです。



産まれる前に本で調べてどういう症状が出るのか知ってるのに、
産もうとする当たり、野田聖子みたいな自己中な人だと思いました。



参考記事:野田聖子が障害児を産んで炎上
yoshida.hatenablog.jp



あと、ダウン症の子供を天使のように美化してますが、
実際はこのような見た目をしています^^;

f:id:lkuze:20161016222623j:plain

「障害児を産んでも、周りに迷惑をかけても構わない」とでも
言わんばかりの主張を作者からも押し付けられているようで
ウンザリしましたよ(・・;



しかも、夫は医師にも関わらず
あまり説得しようとしないし、
無知だと感じましたね。



歯科医といっても、障害についてはほとんど畑違いなので
詳しくないみたいですね。



登場人物の中で唯一まともな人物が
姑だけだと思ってました。



が、「レンチンしたものを食べれば頭が良くなる」とか
トンチンカンな事を言ってて、駄目だこりゃと思いました(^o^;




有希が「私たちは不幸じゃありませんから!!」と
自信満々に言ってるのを見て、うんざりしましたね・・・




いざとなったら、福祉施設に預けて
解決するつもりですからね、こういう身勝手な人は。




いくら少子化とはいえ、ここまで障害者を美化した作品は
なんだか嫌だな~と感じましたね。




全部で10巻もあるようですけど、
一巻読んだだけでお腹いっぱいです。




というよりも、つわりみたいな
吐き気を催しました(+o+)




以上、かなり辛口なレビューになりましたが、
のんちゃんの手のひらの感想でした。


のんちゃんの手のひら : 1 (ジュールコミックス)

のんちゃんの手のひら : 1 (ジュールコミックス)